新宿ストレスクリニックの光トポグラフィー検査について

超情報化社会である現代において、ストレスは最早逃げられない存在と言われることもあります。SNSなどによる人とのコミュニケーションやインターネットの発達によって情報が氾濫することによって、多くの人が心に疲れを感じています。その疲れをセルフケアすることによって、仕事でも十分な力を発揮させることが出来るのです。

■ストレスケアはスピードが命
ストレスによる身体的症状を軽減させるには早期発見が大切だと言われています。そのため、専門的な機関への受診が進められるのです。新宿ストレスクリニックでは、患者の状態を検査や問診などでトータル的に判断して最適な治療を行うように心がけています。そうすることによって、完治までのスピードが速まり、快適な日常を取り戻すことが出来るのです。

新宿ストレスクリニックに通院している人は高ストレス状態であってり、うつ病や双極性障害の疑いがある方もいます。また、他の医院で通院をしていたが症状が改善されなかったという人も多いです。つまり、この医院でしか治すことのできない画期的な治療方法を採用しているため、多くの患者に選ばれているのです。ストレスは身体的表現性障害のように体の痛みなどで症状が現れることもあります。そのため、気になったらまず相談してみるというのがおすすめです。

■光トポグラフィー検査について
精神的な疾患は発熱のように数字で表れるものではないため、なかなか他人には理解されないという難点があります。また、その診察結果においても医者の独断で決められることが多いため誤診の可能性もあるのです。そのため、メンタルケアの診断においては確実に数字で表れるような検査の必要性が求められる場合もあるのです。

光トポグラフィー検査は脳に近赤外光を当てることによって、その血流の動きを測定します。そのパターンで健常な状態、うつ病、躁うつ病、統合失調症といった4つの種類に分類することが出来る検査です。こちらは厚生労働省にも認可されている検査のため、信頼性が高いと言えるでしょう。この検査を使えばどのような状態なのかを周りの人に納得させられる材料になりますし、自分のメンタルを自分で把握するためにも役立ちます。

■メンタルケアに徹底的に向き合うクリニック
ストレスによる障害の早期発見、早期治療を求めるのであれば新宿ストレスクリニックがおすすめです。こちらは最新設備が整った環境と独自の治療方針で患者に接することで人気を獲得しているクリニックです。ストレスによる症状というのは精神的な落ち込みだけでなく、身体的な痛みを伴う場合もあります。そのため、とにかく辛いと感じたら、新宿ストレスクリニックのような存在を頼るのが大切なのです。

また、光トポグラフィー検査にも注目しましょう。この光トポグラフィー検査は頭部に安全な近赤外光をあてて、血流を測定し、患者の精神状態をパターンで判別します。これは厚生労働省にも認可されている非常に信頼性の高い検査となっています。なかなか状態を周りに説明するのが難しいメンタルヘルスの世界において、このようにデータで説明できる検査は画期的だと言われています。

すうれろ『新宿ストレスクリニックに行ってみた!診断結果全部見せ。』