新宿ストレスクリニックとTMSについて

仕事や生活に対してのストレス対策は、最早個人として当たり前に行なっておかなければいけない時代になりました。ストレスケアを怠ってしまうと自分のなすべきことを十分に行えない可能性があるからです。そのため、新宿ストレスクリニックのような存在を知ることが非常に重要な意味を持っています。

■うつ病について
「脳の機能低下に伴って、日常生活を普段通りに過ごせないほど感情が落ち込んでしまっている状態」のことをうつ病と言います。しかし、生きていれば誰しもが落ち込む瞬間を味わいます。それは時間の経過によって元に戻っていくものですが、うつ病の場合はそうではありません。さらに身体的な症状へとつながっていくため、根本的な治療が必要となってくるのです。この原因はいまだにはっきりとしていないため、早期発見が重要だと言われています。

では、うつ病の具体的な症状とはどのようなものが挙げられるのでしょうか。まず、体力が極端に低下します。そして記憶力も低下するので仕事においても十分なパフォーマンスを発揮することが出来ません。頭痛や腹痛などの体の痛みが発生することもありますし、食欲が減退、または過剰に食欲が推進します。自殺願望が高まるなどの特徴もあるため、もしも気になっている人は新宿ストレスクリニックのようなところへ受診しましょう。

■TMSについて
うつ病の治療に関して、今の日本の医療では服薬治療がメインになっています。しかし、服薬治療は効果が現れるまでに時間がかかるため、その間に医師とのコミュニケーションが上手に出来ていないと患者が自己判断で服薬を中止してしまって治療が進まないというケースに陥ることもあります。何故服薬治療を中止してしまうかと言えば、副作用が辛いからです。副作用の出ない治療法があれば、もっとうつ病の治療が進むという意見もあるほどです。

服薬治療が上手くいかなかった人におすすめだと言われているのがTMSです。こちらは別名磁気刺激治療とも呼ばれており、主な特徴としてうつ病のおよそ80%が軽症化しているというデータがあります。これはうつ病の原因とされる脳機能が改善されるからです。そのため、服薬治療に変わる新しい治療法として注目をされています。これは新宿ストレスクリニックなどで受けることが出来るので、興味のある方はおすすめです。

■うつ病対策をしっかりと行う
うつ病というのは、一時的な気分の落ち込みだけではなく身体的な症状にも現れるという特徴があります。頭痛や腹痛などが現れたらうつ病を疑ってください。また、疲れが取れなかったり記憶力が悪くなったという時にもうつ病が疑われます。そのような状態ですと仕事にも集中が出来ず、よりストレスが溜まるため、新宿ストレスクリニックのような存在が必要になってくるのです。

うつ病の治療にはTMSがおすすめだとされています。磁気の力でうつ病を治すこのTMSは、80%の症状を軽症化できるともいわれているため非常に期待されている治療法のひとつです。これは服薬治療を行わなくても良いため、治療を継続しやすいという特徴もあるのです。もしも服薬治療を止めてしまったという人は、このような治療法を探して見るのも良いかもしれません。